コンタクトができない人

コンタクトが使用出来ない例

コンタクトは簡単に通販で購入出来ますが、医療器具ですので場合によっては使用出来ない人もいます。初めてコンタクトを通販購入する場合には必ず眼科を受診した上で自分にはコンタクトに対する適正があるかどうかを確認して下さい。

また使用後は日常生活を見直す事も大切です。コンタクトによるダメージを受けている目にとってストレスや睡眠不足、過度のダイエットによる栄養障害は大敵です。
またパソコンのモニターを見続ける等目を酷使する仕事の人やスポーツ選手も一部ではコンタクトの使用に慎重さが必要となります。

コンタクトに向かないケース

まず、アレルギー性結膜炎や白内障、緑内障等目に基礎疾患がある人はコンタクトの使用を見合わせる必要があるでしょう。コンタクトを使う事で基礎疾患の症状を悪化させるリスクがあります。
花粉症の人も同様に注意が必要です。

実は私も重度の花粉症とアレルギー性結膜炎を持っているためコンタクトの使用は医師から止められました。それでもどうしても試してみたかったのですが、やはり目やにと涙、それと痛みがひどく結局挫折した経験があります。(苦笑)

代表的な生活習慣病である高血圧や動脈硬化症、メタボリックシンドロームは血圧が上がる事で眼圧も上がりやすく、糖尿病には高頻度で発症する合併症に網膜症がありますのでコンタクトの使用には向かない場合があります。
またドライアイや眼精疲労がひどい人もコンタクトの使用には向きません。

まずはこれらの病気の治療を優先してからコンタクトの使用を検討しましょう。

 
Copyright (C) 2012-2015コンタクト通販ガイド All Rights Reserved. 
外為ジャパンの口コミ