コンタクトを販売するにあたって

薬事法上の取り扱い

コンタクトを販売する業者は通販専門店でも全て薬事法に定められた医療機器販売業者の許可を得て営業しています。これはコンタクトが高度管理医療器具に指定されている事に由来しています。

そして日本国内で販売されているコンタクトには全て医療器具取り扱いNo.が記載されています。
かつてはアクセサリーとして販売されていたカラーコンタクトも今では全て高度管理医療器具の扱いを受けていますのでくれぐれも無許可の販売店や雑貨屋などで安易にカラーコンタクトを購入しないようにしましょう。

コンタクトの取り扱い

眼球の状態は個人個人違いがあります。アレルギー性結膜炎のような基礎疾患がある場合にはコンタクトの装着には適さない場合もあります。
また自分の眼球の形状に合わないコンタクトを無理矢理付けた場合や、使用期間を過ぎて継続して装着しているコンタクトによって目に深刻なダメージを受ける場合もあります。

初めてのコンタクトの場合には眼科の診察を受け、自分がコンタクト装着に適しているかどうかのチェックを受ける様にしましょう。また使用期間を過ぎたコンタクトを継続して装着する事は非常に危険です。必ず使用期間を守るようにしてください。

現在通販などでコンタクトが気楽に買えるようになったのは、販売店が医療器具取り扱いの許認可を受けているからです。
ネット通販で購入する場合にはその販売店が正規のコンタクト取扱店かどうかの確認を忘れずに行うようにしましょう。

販売店が許可制となった事で購入時の処方箋は必要なくなりましたが、メーカーの方針や指導によって処方箋を求められる場合もあります。
処方箋についての取り扱いは販売店によって異なりますので、購入時には必ず確認して下さい。

 
Copyright (C) 2012-2015コンタクト通販ガイド All Rights Reserved. 
外為ジャパンの口コミ