コンタクトで角膜炎

角膜炎/角膜潰瘍

コンタクトの誤った使用法によるトラブルとして良く起こるのが角膜炎と角膜潰瘍です。
角膜炎とは目の表面にある角膜に傷がつき炎症を起こす症状で、角膜潰瘍は傷付いた箇所が盛り上がりそのまま固まってしまう病気です。

コンタクトを装着する時や外す時には眼球を直接触ったり、コンタクトを押し付けたりするため角膜には多少なりとも傷が付く事になります。常に外気にさらされる角膜は再生する能力も高いので普通は一晩眠ると傷は治っています。しかし、コンタクトを汚れたまま装着し続けたり、落としたレンズを良く洗わずにそのまま装着するなど誤った使い方をすると大きな傷が付く可能性があるので適切な使用法を守りましょう。寝不足やストレスなどで免疫力が弱っていると角膜についた傷が治りにくくなり角膜炎の発症リスクが高まります。

コンタクトを通販購入した場合には追加で購入した場合手元に届くまでの間使い回す事がありますがこれは危険です。

角膜炎や角膜潰瘍の症状と治療法

角膜炎や角膜潰瘍は炎症性の疾患です。炎症を起こすと視力の低下や目の充血、大量の涙や目やにが発生し激しい痛みを伴い高熱を発する場合もあります。

特に角膜潰瘍になると傷が盛り上がったまま硬くなるため、眼球が灰色に濁ったり視力が大きく低下したり場合によっては失明する可能性もありますのでコンタクトの取り扱いには十分注意して下さい。

角膜炎を起こした場合にはコンタクトの使用をただちに中止して出来るだけ刺激を避けるために眼帯をして消炎鎮痛作用のある目薬や痛み止めの内服で対処します。角膜潰瘍にまで症状が進んでしまうと治療は困難です。ステロイドの点眼薬が用いられますが視力低下や光に対して過敏になる後遺症が残る事が多い様です。神経麻痺を伴う角膜潰瘍の場合には治療用のソフトコンタクトが用いられる場合もあります。

また感染を引き起こしている場合には抗生剤などで感染の広がりを抑える事が重要となります。
コンタクトを通販で購入している場合には意識して定期的な眼科検診を受ける様にしましょう。

 
Copyright (C) 2012-2015コンタクト通販ガイド All Rights Reserved. 
外為ジャパンの口コミ