コンタクトと酸素透過率

酸素透過率

コンタクトを通販で購入するときに含水率と合わせて気をつけたいデーターが酸素透過率です。
先の含水率のセクションで含水率が低くてもコンタクトが薄いと酸素を供給しやすくなると説明しましたが、それはこの酸素透過率のデーターを参照する事で分かります。

目は表面の粘膜を覆う水分から酸素を吸収して角膜を保護しています。
潤いと酸素透過率、この二つはコンタクトを通販で選ぶときに一つの大きな目安となります。

酸素透過率が高ければ良いレンズ?

最近流通しているコンタクトの多くは高い酸素透過率をマークしています。
酸素透過率が下がると角膜を傷つけてしまう可能性があるためこの数値が高い程目に優しいコンタクトと言う事ができそうですが、果たして本当でしょうか?

確かに酸素透過率の高いコンタクト程角膜を保護する機能は高いのですが、それとトレードオフになるのがレンズの強度と衛生面です。先述した通り、含水率が低くても薄いレンズなら酸素透過率は高くなります。しかしハード、ソフト両方ともレンズが薄くなるという事は破損する可能性が高くなってしまいます。そして酸素透過率が高いと言う事は外気を吸収しやすいと言う事なのでホコリや花粉などの汚れを吸着しやすくなってしまいます。これはレンズケアが難しくなるという事を示しています。
汚れたレンズを放置して装着し続けると含水率も酸素透過率も下がってしまいます。
これは目のトラブルを招く大きな原因となってしまいます。

使い捨てタイプのレンズは装着期間の中で正常に機能するように作られているので、使用期間を過ぎてもなお連続装着する事は絶対にしないようにしましょう。

 
Copyright (C) 2012-2015コンタクト通販ガイド All Rights Reserved. 
外為ジャパンの口コミ