コンタクトレンズの種類

コンタクトの種類

コンタクトにはレンズの素材で分類するとハードレンズとソフトレンズがあります。そして機能別に分けると近視用、遠視用、乱視用、遠近両用、度数の無いカラーコンタクトとなります。

そしてここ数年主流なのが1日で交換するタイプ、1週間で交換するタイプ、2週間で交換するタイプという一定の期間で使い捨てるタイプです。

これ以外には角膜潰瘍や近視などの治療用のコンタクトもあります。
かつては乱視用や遠近両用は技術的に不可能だと言われていたのが嘘のようにラインアップが豊富になりました。今後更なる高齢化を迎える日本では遠近両用のコンタクトの需要が高まって行くと考えられていて、各社更なる技術向上に努めています。通販での需要も更に高まっていくことでしょう。

それではコンタクト通販でコンタクトを購入する際に、目安となるハードレンズとソフトレンズの違いについて説明します。

コンタクトのハードレンズとソフトレンズ

ハードレンズは黒目よりも小さく直径は9mm前後です。その名の通り硬いレンズで瞳にぴったりとフィットしないタイプですので瞬きや眼球を動かす事でレンズが動いてしまい違和感が強くゴミを巻き込んだりする事がありますが、異物が混入するとすぐに分かるため深刻な炎症や感染症にまで発展する事は少ないと言えるでしょう。したがって臨床的にはソフトレンズよりも安全性の高いレンズだと言えます。

ハードレンズの優れた点は酸素透過性と光学性能の高さにあります。乱視の矯正にはハードレンズの方が種類が多いのも光学性能が優れているからだと言えるでしょう。逆に欠点は不安定なため紛失しやすい事と目をぶつけたりすると割れてしまう可能性があるという事です。違和感が強いのも人によっては欠点となるかもしれません。

一方ソフトレンズの方は黒目よりも一回り大きいサイズで直径は14mm前後の柔らかいレンズです。ハードレンズと違い瞳に密着する様にフィットするので違和感が少ないのが利点です。

含水率もソフトレンズの方がハードレンズよりも高く涙をレンズ内に吸収して瞳と密着し、その涙から角膜に酸素供給を行うシステムとなっています。
光学性能はハードレンズよりも劣りますが、装着感が自然なので目がゴロゴロしやすい人にはお勧めです。
ただし、装着感が良い事でゴミや汚れに気づきにくく、汚れたまま装着し続ける事で角膜を傷つける可能性がハードレンズよりも高くなってしまいます。

 
Copyright (C) 2012-2015コンタクト通販ガイド All Rights Reserved. 
外為ジャパンの口コミ